制作のご相談はこちら
自分の読書量を記録・管理できるサービス「読書メーター」が面白い!

公開日 : 2018年05月23日

自分の読書量を記録・管理できるサービス「読書メーター」が面白い!


私は活字離れの現代っ子に近く、あまり本は読みません。
ですが、本屋に行くのは好きで表紙や帯コメントを見てストーリーが気になって本を買いたくなってしまうときがあります。

20代前半にコミックより文庫本を買っていた時期がありましたが、忙しさを理由に読まなくなってしまいました。。
これから30代に向けて本を読む機会を増やしたいなーと思ってたところに読書に関する面白いサービスを見つけたので紹介します。

自分の読書量を記録・管理できるツール「読書メーター」

サイト名は「読書メーター」です。
読んだページ数や冊数などの読書量をグラフにしてどのくらい読んだかを把握したり、日本中の読書家ユーザーたちとコミュニケーションができるサービスです。

これまでどのくらい読んだかって記録していくと、あまり本を読まない私でも学生の頃の分も含めたら結構ボリュームのあるデータが作れるんじゃないでしょうか。

読書量が数値やグラフで目に見えるので、目標が設定しやすく、これは本を読む気になります!
どんどんデータがたまっていくのも後々こんな本読んだな~と思い出すきっかけにもなります。

読書メーターに登録

試す価値がありそうだったので、登録してみました。
私はFacebookで登録しました。

マイページ
これがマイページの画面。

デザインはすっきりしていて大事な文字情報が目に入りやすく操作しやすそうです。こういうムダが無いデザイン好きです。

デフォルトのユーザー画像がゆるくてかわいい笑
私の手書きじゃないですよ?

読んだ本を登録

検索から読んだ本を検索します。
コナンを検索
名探偵コナンだけは小学生のころからずーっと読み続けています…

検索結果
検索結果がこちら。
Amazonから検索しているので、新刊もしっかりヒットしました。

この時点で他の人が登録されている数を確認できるのがいいですね。
どのくらいの人が注目して読んでいるのかが分かります。

本の詳細画面
本の詳細画面に入るとこんな感じです。

試し読みが出来ちゃう!すごい!
感想(レビュー)もありつつ、ネタバレの感想はグレーアウトされているのが親切!
気になっている本だからこそネタバレは見たくないので、ネタバレは目立つ赤いラベルになっていてネタバレ読んでしまった!っていう事故にはならないですね。
レビュー見てから買う派なので、この部分はいい機能です。
amazonの購入ページにすぐ行ける手軽さもあって購入意欲が高まります。

本の登録部分はただ登録するだけでなく、4つのパターンがあります。
・読んだ本に登録
・読んでる本に登録
・積読本(持っているけど読んでいない本)に登録
・読みたい本に登録
好きなものこそ細かく分けたくなるものです。

本を登録する
その中で読んだ本に登録をすると入力画面に移ります。

本の登録完了
コナンが登録されました
登録されました。
読んだ本の中にコナンが追加されました!(全巻読んでるけど登録するか否か…)
平均何冊読んでいるかも分かっちゃいます。

感想・レビュー

共読
共読というページでは登録した本の他の読書家の感想が出てきます。
facebookのいいねのようなナイスボタンだったり、コメント返しをしてコミュニケーションがとれるようになっています。

ランキング

ランキングも充実
ランキングは20位まで見れるようです。人気の本がずらっと並んでいてどれにしようか悩みます。

相性で読書家を探す

相性
本繋がりの相性占いなんてのもあります。
読んだ本を登録したり、感想(レビュー)を投稿すると占いの精度が上がり、似た好みをもつ読書家さんを知ることが出来ます。
同じ好みなので新しい愛読書の出会いにもなりますね。

気に入った点

・ごちゃごちゃしていない使いやすいインターフェース
・スマホアプリにも対応
・読書量の数値化(家計簿のような感覚)
・新しい本に出会えるかもという期待感

さっそく本を登録していかに自分が本を読んでいないかガッカリしたいと思います。。
読書メーター