制作のご相談はこちら
インストールするべき!余白のサイズを書き出してくれるPhotoshopのスクリプト

2016年02月19日

インストールするべき!余白のサイズを書き出してくれるPhotoshopのスクリプト

Photoshopでデザインをする上で余白の幅を測りたいという場面は必ずあると思います。
古いPhotoshopを使用していた時はいちいち長方形を作成してサイズを確認していました。。
ものさしツールなんてものもデフォルトで存在するのですが、サイズの数値を複数測れないので正直使ったことがありません。

そこでPhotoshopの拡張機能を入れることにしました。Size Marksというスクリプトです。

インストール方法

160219_img03

まず「Size-Marks.jsxbin-v1.3.zip」をクリックし、ダウンロードします。
※Photoshop CC 2014の場合は「Size-Marks.jsx-v1.0.zip」をダウンロードする。

160219_img01

zipファイルを開くと、上記のファイルが入っています。この中の「Size Marks.jsxbin」をアプリケーションフォルダに移動させます。
Windouwsの場合 C:\Program Files\Adobe\Adobe Photoshop CC 2015\Presets\Scripts
OSXの場合 /Applications/[Photoshop]/Presets/Scripts/

移動が完了したらPhotoshopを起動させます。「ファイル」>「スクリプト」内にSize Marksが表示されていればインストール完了です。

ショートカットを利用しよう

インストールは完了しましたが、今の状態だと、「ファイル」>「スクリプト」>「Size Marks」を毎回起動させなければならないので、ショートカットを使用することをおすすめします。

「編集」>「キーボードショートカット」>「Size Marks」に任意のショートカットを作成してください。私は「Shift+Ctrl+P」で設定しました。

160219_img02

これで設定は完了です。長方形選択ツールで選択範囲を作成してショートカットを押してみましょう。サイズの数値とラインが書き出されます。しかも新規レイヤーで。間違えてレイヤー合わせちゃったなんてことは起こりません!
ぜひお試しください。